読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミのすきなとこ

twitter@apop_augtoppe / ask: https://m.ask.fm/apop_augtoppe

私はあれを千賀ザイルと呼びたい〜ただのドリボの感想


今年もこの季節がやってまいりました♡


DREAM BOYS!



今回は先入観を持って観たくないな、 
と思っておりまして、 
自分が入る前のレポは
あまり見ないようにしてました。 



また、 他の方の意見に
影響されない感想を書きたいので、
ここに書いてしまって
自分の感想を持った上で
Twitterなどに流れてくる
他の方のレポを楽しみたいと思います! 
っていう完全自己満
というか自分の備忘録的に
書こうと思います。



 

今回は9/5の
昼・夜公演に入りました☆  
まだまだ駆け出しの
今年のドリボを観た感想は、




 え、今年のドリボ良すぎる、、 




です!単純に感動しました。 
絶対昨年超えてる。
みんなパワーアップしたなって、、
感無量です。



全体的に・・・


ストーリーが分かりやすくなった


というのも、

劇中のアドリブ?でネタやる、

みたいなのが減ったからじゃないかな、

 という気がします。



今年はストーリーから

意識を逸らされすぎない程度、

というか無茶ぶりみたいなネタは

やらないので、

その分お話に入り込めたし、

感情移入しやすかったです。



なんとなくシンプルになったな、

という印象を受け、

冷静になってみれば

イリュージョン起きまくりな内容なのに、

ラストはちゃんと感動できる仕様でした。

個人的には。



・安真萩森の安定感 


今年はユウタ側のJr.が
安井くん、真田くん、萩谷くん、森田くん
なんだけど、
四人のお芝居、歌、パフォーマンスは上手なのはもちろん、
Jr.としての劇中での
細かいサポートとか
プロだなって思いました。 


四人のバンド素敵なので
あの四人のユニットにしちゃえば良いのにって思いました。 




 密かにさなぴーを推してる私としては、
セリフの発声がオーシャンズやTABUを経て抜群に良いなって思ってて、
その分彼のセリフに
すごく重みを感じれた。 
セリフがなくても
リアクションや表情が
本当に細かく意識しているんだな
ということが観て取れたし、
舞台でお芝居しているときの彼が
とても楽しそうなので、
私は彼に舞台でもっと活躍してほしいなと思います。 




 ちなみにお芝居でいったら宮田くんのお芝居もすごく良くて、
「トシヤ」って役を「演じてるな」というのがセリフや表情を通して分かった。


今更ながらキフシャム観たい、、。 





 千賀ザイルの話 




 ハーーー 

全体的に抱いた感想かけた♡ 
本題に入りますね♡ 
※個人的造語が多発します。ご注意下さい。 



今年のチャンプは、
ずばり



えロイヤル



エロいんです。
セクシーなんです。
色気があるんです。
艶かしい筋肉をオラオラさせてるんです。
艶のある声でオラオラしてるんです。
エロくないですか?エロいっしょ? 




でも千賀くんは千賀くんなんです。 
そういうとこ、ロイヤルでしょ? 



だから、えロイヤル。 




「え」だけひらがななのは、 
トイザらスとかドラえもんとかと同じノリにしてみただけです。 






・千賀×ロイヤル×チャンプ=えロイヤル 



千賀くんがロイヤルなのって
家が金持ちとか
そういうところから来てるだけなんだけど、


私は千賀くんをロイヤルという単語と最初に結びつけた人にノーベル賞をあげたい。


無理なら芥川賞を。 



千賀くんのロイヤルさは、 
良い意味でも悪い意味でも
ロイヤルって言えると思うんです。



まだまだセリフはセリフだし、
セリフ間違ったり出てこなかったり
噛んだり発声もうちょい頑張れよ?
っていうのは、経験値かな(自担に激甘)
って思います。



 きっとお芝居に対して
自分の中で葛藤や
成長したいという想いが
あるのだろうけど、
でも、チャンプという役柄もあり、
未熟なんだけど


「オレ完璧だろ?」


と余裕がない中でも
余裕をこちらに見せつけてくるような
そんなお芝居だった印象を受けました。



 勘違いして
自信持ってるように見えるんだけど、
それは勘違いではなく
彼の精一杯のお芝居な所、
とーってもロイヤルだと思いました。



そこに今年は
すんばらしい細ゴリマッチョな肉体と、
チャンプらしい挑発的な表情、
何かのタイミングでバチっと出てくる
ゲロ甘セクシーだけどオラオラボイスは、
昨年よりものすごく深みが増して、
まじで美しくて、
ロイヤルな所に今年はエロさ、色気が随分と出たなと。




 だから、えロイヤル。 




千賀くんはわりと
顔や背中で語る役者さんなのかなー? 






 ・千ラーの話 


冒頭で突然ぶちかましてくる千ラー。  
これは千賀くんの
やりたかったであろうことすぎて
泣けてきます。



千ラーの感想を千賀くんに伝えるなら、 これで千賀くんが
嬉しいと思うか悔しいと思うかは
分からないけど、




マイケルよりマイケルだったよ




と言いたい。




マイケルが大好きで
尊敬してる千ちゃんにしかできない
千ラーだったと思うから。






・命名:千賀ザイル



今年の千賀くんのソロを通してみて、 
相変わらず


やばいかっこいいしぬいきできない


ぐらいの貧相な単語しか
言えないことは確かなんだけど、
ソロでも「千賀オンリー」みたいな
ソロ感がなかったのが
すっげーかっこ良かったなと。 




 Jr.の子たちもうまーーく組み混んでて、
でも必ず常に自分が中心に見える感じ、
さすがだなと思いました。 


あのフリとかは全部自分で考えるのかなぁ。 


ベンチ使ったりセット使ったりしてるのもすごく楽しかったし、
千賀くんのソロは
一曲一曲が世界観を持ってる
エンターテイメントだったと思うし、
一人が魅せるダンスだけが
ダンスじゃない、
っていうのを教えてくれた気します。 




だから、
千賀くんのソロを千賀くんのソロって言いたくないな、って。


Jr.も混ぜた
エンターテイメント集団
千賀ザイル
だったなって思った。
EXILEにインスパイアしてごめんだけど、 私的にしっくりきてる表現です。



今年のドリボで一番感動したのはここでした。


千賀くんが一番楽しそうで、
輝いてるのはやっぱりダンスだな、って改めて感じました。 



これからもグループはもちろん
いろんな所で千賀ザイルを観たいし、 
また色んな表現で
色んなことを伝えてほしいなと思います。




やっぱり千賀くんは
私が世界で一番大大大好きな
エンターテイナーです。



一生ついていくぜ。