読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミのすきなとこ

twitter@apop_augtoppe / ask: https://m.ask.fm/apop_augtoppe

私はあれを千賀ザイルと呼びたい〜ただのドリボの感想


今年もこの季節がやってまいりました♡


DREAM BOYS!



今回は先入観を持って観たくないな、 
と思っておりまして、 
自分が入る前のレポは
あまり見ないようにしてました。 



また、 他の方の意見に
影響されない感想を書きたいので、
ここに書いてしまって
自分の感想を持った上で
Twitterなどに流れてくる
他の方のレポを楽しみたいと思います! 
っていう完全自己満
というか自分の備忘録的に
書こうと思います。



 

今回は9/5の
昼・夜公演に入りました☆  
まだまだ駆け出しの
今年のドリボを観た感想は、




 え、今年のドリボ良すぎる、、 




です!単純に感動しました。 
絶対昨年超えてる。
みんなパワーアップしたなって、、
感無量です。



全体的に・・・


ストーリーが分かりやすくなった


というのも、

劇中のアドリブ?でネタやる、

みたいなのが減ったからじゃないかな、

 という気がします。



今年はストーリーから

意識を逸らされすぎない程度、

というか無茶ぶりみたいなネタは

やらないので、

その分お話に入り込めたし、

感情移入しやすかったです。



なんとなくシンプルになったな、

という印象を受け、

冷静になってみれば

イリュージョン起きまくりな内容なのに、

ラストはちゃんと感動できる仕様でした。

個人的には。



・安真萩森の安定感 


今年はユウタ側のJr.が
安井くん、真田くん、萩谷くん、森田くん
なんだけど、
四人のお芝居、歌、パフォーマンスは上手なのはもちろん、
Jr.としての劇中での
細かいサポートとか
プロだなって思いました。 


四人のバンド素敵なので
あの四人のユニットにしちゃえば良いのにって思いました。 




 密かにさなぴーを推してる私としては、
セリフの発声がオーシャンズやTABUを経て抜群に良いなって思ってて、
その分彼のセリフに
すごく重みを感じれた。 
セリフがなくても
リアクションや表情が
本当に細かく意識しているんだな
ということが観て取れたし、
舞台でお芝居しているときの彼が
とても楽しそうなので、
私は彼に舞台でもっと活躍してほしいなと思います。 




 ちなみにお芝居でいったら宮田くんのお芝居もすごく良くて、
「トシヤ」って役を「演じてるな」というのがセリフや表情を通して分かった。


今更ながらキフシャム観たい、、。 





 千賀ザイルの話 




 ハーーー 

全体的に抱いた感想かけた♡ 
本題に入りますね♡ 
※個人的造語が多発します。ご注意下さい。 



今年のチャンプは、
ずばり



えロイヤル



エロいんです。
セクシーなんです。
色気があるんです。
艶かしい筋肉をオラオラさせてるんです。
艶のある声でオラオラしてるんです。
エロくないですか?エロいっしょ? 




でも千賀くんは千賀くんなんです。 
そういうとこ、ロイヤルでしょ? 



だから、えロイヤル。 




「え」だけひらがななのは、 
トイザらスとかドラえもんとかと同じノリにしてみただけです。 






・千賀×ロイヤル×チャンプ=えロイヤル 



千賀くんがロイヤルなのって
家が金持ちとか
そういうところから来てるだけなんだけど、


私は千賀くんをロイヤルという単語と最初に結びつけた人にノーベル賞をあげたい。


無理なら芥川賞を。 



千賀くんのロイヤルさは、 
良い意味でも悪い意味でも
ロイヤルって言えると思うんです。



まだまだセリフはセリフだし、
セリフ間違ったり出てこなかったり
噛んだり発声もうちょい頑張れよ?
っていうのは、経験値かな(自担に激甘)
って思います。



 きっとお芝居に対して
自分の中で葛藤や
成長したいという想いが
あるのだろうけど、
でも、チャンプという役柄もあり、
未熟なんだけど


「オレ完璧だろ?」


と余裕がない中でも
余裕をこちらに見せつけてくるような
そんなお芝居だった印象を受けました。



 勘違いして
自信持ってるように見えるんだけど、
それは勘違いではなく
彼の精一杯のお芝居な所、
とーってもロイヤルだと思いました。



そこに今年は
すんばらしい細ゴリマッチョな肉体と、
チャンプらしい挑発的な表情、
何かのタイミングでバチっと出てくる
ゲロ甘セクシーだけどオラオラボイスは、
昨年よりものすごく深みが増して、
まじで美しくて、
ロイヤルな所に今年はエロさ、色気が随分と出たなと。




 だから、えロイヤル。 




千賀くんはわりと
顔や背中で語る役者さんなのかなー? 






 ・千ラーの話 


冒頭で突然ぶちかましてくる千ラー。  
これは千賀くんの
やりたかったであろうことすぎて
泣けてきます。



千ラーの感想を千賀くんに伝えるなら、 これで千賀くんが
嬉しいと思うか悔しいと思うかは
分からないけど、




マイケルよりマイケルだったよ




と言いたい。




マイケルが大好きで
尊敬してる千ちゃんにしかできない
千ラーだったと思うから。






・命名:千賀ザイル



今年の千賀くんのソロを通してみて、 
相変わらず


やばいかっこいいしぬいきできない


ぐらいの貧相な単語しか
言えないことは確かなんだけど、
ソロでも「千賀オンリー」みたいな
ソロ感がなかったのが
すっげーかっこ良かったなと。 




 Jr.の子たちもうまーーく組み混んでて、
でも必ず常に自分が中心に見える感じ、
さすがだなと思いました。 


あのフリとかは全部自分で考えるのかなぁ。 


ベンチ使ったりセット使ったりしてるのもすごく楽しかったし、
千賀くんのソロは
一曲一曲が世界観を持ってる
エンターテイメントだったと思うし、
一人が魅せるダンスだけが
ダンスじゃない、
っていうのを教えてくれた気します。 




だから、
千賀くんのソロを千賀くんのソロって言いたくないな、って。


Jr.も混ぜた
エンターテイメント集団
千賀ザイル
だったなって思った。
EXILEにインスパイアしてごめんだけど、 私的にしっくりきてる表現です。



今年のドリボで一番感動したのはここでした。


千賀くんが一番楽しそうで、
輝いてるのはやっぱりダンスだな、って改めて感じました。 



これからもグループはもちろん
いろんな所で千賀ザイルを観たいし、 
また色んな表現で
色んなことを伝えてほしいなと思います。




やっぱり千賀くんは
私が世界で一番大大大好きな
エンターテイナーです。



一生ついていくぜ。


結婚願望の一切なかったジャニヲタに突然結婚願望が芽生えたわけ~ジャニヲタだって結婚したいしジャニヲタは結婚に不利とかないと思う

 

みなさんこんばんわ^^

おなじみ!?ジャニヲタ合コンシリーズ

 

apop-augtoppe.hatenablog.com

の続編を書く前に備忘録的に今のモチベーションを書かせて下さい!

 前回記事で気付いたことの念押し的なような。ではどぞ^^

 

 

 

 

ー私はモテないし,恋愛なんてめんどくさい。

 

ー結婚なんてしたらもっとめんどくさい。

 

 

高校生の頃から,自分も含め恋愛したら誰しもが相手を想い,相手に想われる自分を想い,重い想いに重い心になって,ブログに鍵をつけたり,「相談があるの…」なんていう会話に煩わしさを感じ,完全に「恋愛」というものが嫌いだった。

 

ただ,嫌いだからしてこなかったわけではない。

ブログに鍵をつけたり,「相談があるの…」と誰かを読んだりすることなく,

するときは相手ありきの完全個人プレーで恋愛はしてきた。

友達の延長で恋愛になることがほとんどだったので,

来るモノ(世間的に無理とか生理的に無理とかでなければ)拒まず

な,わりとドライだけどそれなりに楽しい恋愛だった。

 

恋愛に対して私が望むのもそこまでだった。

幸せな家庭を築くとか,子どもを育てるとか,そんなのはいらなくて,

自分のやりたいこと(もちろんジャニヲタも)を

自分の稼いだお金で誰にも文句言われずやる人生が良いと思ってた。

結婚するにしたってそのとき仲良くしてた男性とすればいいし

そんなの自分の人生に満足してからでいい,と。

 

そう思って

「ばりばりのキャリアウーマン」になるために,

結婚願望のなかった私は,

仕事を公私混同するしかないような業界に入った。

 

そこには私の憧れる

生涯独身であろう(恐らく)

「ばりばりのキャリアウーマン」がいた。

 

ーあの人とあの人は独身で~~

彼女たちに出会った瞬間私は思った。

 

 

 

やべぇマジで一刻も早く結婚したい。

 

 

 

なぜだ,なぜ,仕事たのしいですキャリアアップ収入アップが生き甲斐です☆

仕事したお金であそんでブランドにまみれておいしいお酒のんでます☆

みたいな生活をしている本来私が憧れていた

「ばりばりのキャリアウーマン」を目の前にして何がどうしたんだ私。

 

 

こんな風にはなりたくない。

 

 

そう思ってしまったのだった。

理由を考える。

 

 

 

 

世間の目。だ。

 

 

これだ。これ。これに尽きる。

21世紀,安倍政権が女性の社会進出をうたっているようだが,

まだ「女は家庭に」の文化が日本人の魂に,社会にこびりついている。

 

…偏見かもしれないけどさぁ,

やっぱねぇ,適齢期過ぎた独身ってね,変なフィルターかかっちゃう。結局そうなのよ。どこか性格に欠陥があるんじゃないかとか,常にスネながら世の中を見てるな,とか。結婚してないだけで,本人は別にそうじゃなくても,他人からみて,充実してないとか,虚しいとか寂しいとか思われちゃうのよ。キャリアアップも外見の美しさもないならなおさら。そうなってくると「ジャニヲタ」も趣味としての機能なくなっちゃって,自分の女としてのイメージを下げるものになっちゃうんだよ。

 

 

でもジャニヲタとして立ち上がりたい。(超個人的に

 

 

なので私は今日ここに,

ジャニヲタだって普通に恋愛できるんだぜ結婚できるんだぜ委員会を立ち上げたい。

だって私思うんです。

ジャニヲタのTwitterみてると,

みんな「ジャニヲタ」という肩書きを外せば,

普通の女の子じゃん?

かわいいものが好きで,かわいくいたくて,

そして好きなジャニーズのために頑張ってる。

ステキじゃないですか。

自担と結婚したいって本気で思ってる人なんていないでしょ?

(え,だよね?そういうことで話すすめるよ?)

ジャニヲタは恥ずべきでない。

ステキな「趣味」の一環であると提唱したい。

 

 

「ジャニヲタ」をオープンな趣味にするか,クローズドな趣味にするかは,

また別な話になってくると思うけど

私は今後,ジャニヲタをオープンにして婚活していくつもりです!(断言

 いやまだ全然草も根も生えてませんけどwwやるきまんまんですww!

 

 

だからジャニヲタはジャニヲタを理由に恋愛しないんじゃなくて

ジャニヲタ抜きにしたときになんで恋愛できないのか考えるべきだと思う。

 

 

 

さぁジャニヲタ女子,ない胸はってこ~~~~!

ジャニヲタは合コンで公表すべきか否か

 

こんにちは。

 

 

最近twitterやブログなんかでもよく

「ジャニヲタの恋愛」について見かけるようになり,

いつも楽しく読んでました^^

 

 

私も先日久しぶりに合コンしてきたので,

過去の合コンレポも交え,

次回の合コンの糧にしたいと思います(笑)

 

 

 

ちなみに

私は23歳会社員。大卒の社会人2年目。

彼氏いない歴5年。ジャニヲタ歴4年。

……察してくれw

それまでは,至って普通の人で普通の恋愛をしてました。

平和主義者と言う名の腹黒くて冷ややかな性格のせいか,

「人のこと好きになったことある?」

って言われることもよくあるけど,

男女共にありがたいことに友達が多く,

よく合コンなんかに誘われたりセッティングすることは多いけど,

その後のパイプ役やキューピッド的役割&とりあえず盛り上げ要員で,

私にとっては

合コン=飲み友達が増える

になってるなと思い,

会社を寿退社で辞めたい私的には,

そろそろ合コンではなく

婚活パーティ行った方いいんじゃね案が出ている。

そんなところです。

 

 

 

  • 自己紹介でいきなりジャニヲタって言う?言わない?

今回の合コンは4vs4。

私は友達のM子に誘われ,

M子とM子の大学の先輩R太さんが幹事で寄せ集めたメンツ。

M子はじめ合コン初参戦も何名かおり,

序盤からR太さんと私が中心で話をまわすことに。

 

もちろん自己紹介はつきもので。
トップバッターはR太さん。次が私。

 

私はいつも,
第一印象で気になる人がいたときは
ジャニヲタを隠す傾向にある(笑)


やっぱりジャニヲタってマイナスイメージな気がするから。


で,今回はどうでもいいやってときは,
ジャニーズ大好きです☆って言う(笑)


でも確実に,圧倒的に,
自己紹介でジャニーズ大好きですって言うと
超盛り上がるwww


こっちも「もうどうでもいいや」って思って話すから
ジャニヲタ話をほいほい話せるし,
もーとにかく盛り上がるよね。


ただ,それで実際どう思われてるのかは分からない。


だから今回はいつも通りジャニヲタを公表しないことにした。
R太さんが普通にかっこよくて話しやすくて気に入ったから。

 

  • じゃあジャニーズ以外の趣味って?

ジャニヲタは嫌悪感を抱かれるのではないかと思った私は,
自己紹介にはつきものの「趣味」や「好きなこと」を話すとき,
「ジャニヲタ」を一切伏せ,

 

 

「海外旅行が大好きです」

 

 

という謎の言葉を口走っていたwww

見栄っ張りやん完全に見栄っ張りやんwww
ジャニヲタより痛いやんwww

と思いつつもジャニヲタ公表しないときはいつもこう言う。
でも嘘ではないし,
旅行好きな人も男性陣には必ず一人はいるので(当社比
今回も使って自己紹介は事なきを得る。

 

でも合コンの自己紹介なんて
あってないようなものだし,
名前と自己紹介の内容なんて一発じゃ一致しないから,
いっそのこと自己紹介で「ジャニヲタです」と公言したほうが,
インパクトあってさっそく話も膨らみ効果大なんじゃないかと思う。
だからそろそろ見栄張って趣味を「海外旅行」というのはやめようと思った。

 

てかそもそも他にもうちょっと穏やかな趣味探せよ私www

 

 

 

  • 暴露話としてジャニヲタカミングアウトはアリ?ナシ?

まぁそんなこんなで
社交辞令行為的に二次会行ったりで,
やっと
「好きなタイプ」とか「過去の恋愛」の話になったりする。


お酒もまわってきたころのこういう話って
結構核心ついたり,駆け引きなんじゃないかな~
って思ったり,
実は第一印象で全ては決まってるんじゃないかな~
って思ったり,
この辺は合コンで一番楽しいところな気がする。

 

そして今回もやってきた。
私はここでジャニヲタを暴露するか否かハイパー迷った。
今までの会話の流れで私は
「理想も高いわけじゃないのに彼氏いそうだけど居ないのは干物だからでしょ?」
ってキャラになってた。

 

干物の他にも重大な秘密があるんだよ…

 

だけど,彼氏が居ない原因は
ジャニヲタだから
だとは自分では思ってない。

 

ジャニーズを好きと普通の異性を好きは違うと思ってるし,
ただ相手が私の「趣味として」私が異性であるジャニーズを
やや変態的に追いかけ,愛することを
許せるのかどうか,だけだと思ってるから。


だから私はアイドルヲタでもアニヲタでも,
それが「趣味として」なら全然許せる。
むしろ「同じ趣味を持つ人」として推せる。

 

でもこの考えを力説する勇気もなく,
ジャニヲタは恋愛に不利
という一般的イメージを信じてしまい,
最後までジャニヲタを公言せずに合コンは終盤を迎えた。

 

 

  • とりあえずの結論ージャニヲタよ胸を張れ

 

「んーとにかく優しい人がいいなー」

当たり障りのない好きなタイプを話す自分は
なんて魅力のない人なんだろう。

 


そして最後に
私が気になってたR太さんの好きなタイプを聞いて決めた。

 

これからはジャニヲタは隠さず大好きな自慢の趣味として語ろう。

 

R太さんはこう言ったのだった。


「俺はちゃんと好きなことがあって,回りを気にしたりせず自分を持ってる人が好きです」

 

今回の合コンの私は,ちゃんと好きなことがあるのに,
回りを気にして本当の自分のことを半分も話せなかったブスだ。


私が今生きてて一番楽しいと思えるのは,
大好きなジャニーズアイドルを追いかけてニタニタしたり,
そのために頑張って働いて,会いに行くときにおしゃれすることなのに,
そのことを変な世間体やイメージを気にして話せなかったなんて超ブスだ。


好きなことをやってる人ってまっすぐでキラキラしててステキなんだって
私の大好きな千賀くんがズバリそうじゃないか。馬鹿か私。

 

ちなみに過去に合コンのあと
個人で誘われて何度か会ったりした人は
全員合コンのときにジャニヲタカミングアウトした人だ。
(おつきあいまでは行きませんでしたそこは私の人間的魅力以下略)
理由はよく分からない。


そして今回も幸いにして
R太さんは合コンのあと連絡をくれた。
社交辞令かもしれないけど飲みにさそってくれたので,
次会ったらジャニヲタカミングアウトしよ~~っと。


私はしばらくジャニヲタを辞めないつもりだけど,
彼氏あわよくば旦那が欲しいのでw
積極的に出会いを求めていく。

でもジャニヲタに対する世間のマイナスイメージはあると思うから,
それを払拭するべくダイエットとか綺麗になるためのこともするし,
恋愛力も磨きたいと思う。

 

てか合コンとか行きまくってるくせに彼氏居ない歴が5年目なのは絶対他の原因があるとしか思えねぇwww
タスケテクレェェエェwww

 

ま☆いいや☆

ジャニヲタだって至って普通の女の子なんだから胸張ってこうぜ!

愛すべき千賀劇場~先生編~

 

 

 

こんばんは。

お仕事ファンタスティック繁忙期を終え,

またアフターナイン(私にとっては一般的なアフターファイブ的感覚ですw

やら土日やらを人並みに楽しむ時間を確保できるようになってきた次第です。

 

ほんと時間的にも金銭的にも,ジャニヲタさんってお仕事なにされてる方が多いの??

いつか赤裸々なアンケートとって集計したいわ!

 

 

今日は巷で話題の

千賀劇場

について書くぞ~~~!

ずっと書きたかったのです。

 

 

千賀劇場とは…

説明しよう!

千賀劇場とは,キスマイbusaiku!?の中でたまに繰り広げられる,

千賀くんの,千賀くんによる,千賀くんのための,

長い・ウザイ・きもい(愛を込めて)

がキーワードとなる壮大なストーリー的シチュエーションのことである。

全然伝わらないwwwww

 

 

でもそれが,

どれほどロイヤルで愛おしいものであるか,

勝手に語らせていただきます。

 

 

千賀劇場が展開されると

キスマイbusaikuランキングがビリになることが多いので,

wikipediaを参考に千賀くんが7位のものをひろってみました。

(たぶんです。何か抜けてたらすみません。

 

○カッコいいオフィスキスの仕方
○彼女の手料理がマズかったときに傷つけずに伝える優しい一言
○彼女にエッチな本を見つけられた時のメールの返し方
○彼女の誕生日プレゼント代わりに贈る言葉
ゴールデンウィークに「ドキドキする」デートプラン
○彼女に贈る大人っぽい下着のプレゼント
○セクハラで困ってる同僚の助け方
○彼女をキュンとさせるボウリングデート
▲女子高校生の心をつかむ教育実習での挨拶
○バスで帰宅途中にカッコ良く家に誘う方法
▲自分に憧れる教え子に贈るカッコいい言葉

○スケート場でのカッコいい声のかけ方
▲先生が好きになる新学期の挨拶

 

 

気になるのが,記憶にも新しい,

「▲」をつけた「先生モノ」。

なぜ千賀先生はこんなにも不調なのだろう。

 

 

それはまさしく千賀劇場が完全に観客である我々を置いてけぼりにしているからなのです。

だがしかし!

この千賀くんの美学がぎゅっと詰まった,愛おしい千賀的思考の塊でもある千賀劇場が、番組内でズタボロにされ(笑) そこから自分の思考と世間とのズレに気づき、学んでいくロイヤルの姿を観れるのは尊いことではありませんか!

ということを私は声を大にして言いたい!(笑)

 

 

上から目線

千賀先生はいつだって上から目線なのです。

教育実習で入ってきたときも,第一声「メイクが濃いですね」。

翌日受験を控えた彼女にもそんなことはおかまいなく,キスをしてしまいます。

佐野さんも驚いて「受験前日ですよ」なんて言ってますからねw

てゆーかその前に犯罪ですよw

新学期の挨拶だって,メガネはずし際に「千賀です(キリッ」。

更には話しながらジャケット脱いだり,なぜかロイヤルハンカチで汗を拭く。

でもいいいんです。

千賀くんのカッコイイ先生像は生徒の顔色を伺って媚びない,何故か昭和風が吹いてるオレ様な先生なんです。

これが「自分のやりたいことを詰め込んだ」らしいからいいんです。

こうやって素直にトンデモ性癖を暴露してくれるロイヤルに、私は一生ついていきたい。

しかし何を観て育ったらこんなイマドキ流行らなそうな先生像に出会うのだろう、、。

 

 

ツンデレでハートキャッチ

 千賀先生はツンデレです。

メイクNGかと思えば容認するし,

去ったかと思えば呼ばれてセクシーに振り向き,戻ってきてチューしてくれます。

そして机を叩いて高らかに,理想の先生になると宣言してくれます。

ただしこれらの千賀的美学に沿ったツンデレ行為は世間の女性からはことごとく不評な上に本人もだんだんダメなことに気付いていくあたりが私は嬉しいです。

やっぱり一生ついていくよ(笑)

 

 

というわけで千賀劇場は,

ロイヤルすぎるが故に我々庶民の感覚とはズレが生じてしまう千賀くんが,

庶民の感覚を身に付けていくために学んでいく様子を,

素直に非を認め自分のVTRを顔を真っ赤にして爆笑している姿と共に楽しめる

ハートフルコメディヒューマンドラマなのです。素晴らしい拍手!

 

 

次回の先生モノでのリベンジと,

他の千賀劇場のバリエーションも期待しております。愛を込めて。

千賀くんがドッキリ撮れ高ハイリスクハイリターン物件な件。



こんばんは。
今週も尋常じゃない精神状態を乗り越え、
皆様に支えられ、
明日も何とか生きていけるような
いけないような日曜の夜です。



今週は
山下智久くんの
大人のkiss英語
で、
「外国人から突然電話がかかってきたら?」
というドッキリのターゲットになった千賀くんが
あまりにもかわいかったので残しつつ、番組プロデューサーへのクレームも混ぜて書きます(笑)



※会話文はニュアンスです



まーず、楽屋入りする千賀くんが
紙パックの天然ミネラル麦茶的なもの
持ってて可愛かったよね。
ポスト鶴瓶だよね。



まぁそんなことはさておき、



マネージャーからの電話(かと思いきや外人)に、
「はいはい」と低音無機質ヴォイスで出る千ちゃま。


テンション低めの素な感じごちそうさまです( ^ω^ )


....hi? I found this phone. (外)

ん?スローリー!スローリースピーキング!(千)

おお!さすがロイヤル!英語教育は当たり前に受けてきたことだろう!


I found this phone.(外)


あっああー!
マイマネージャー、、
えっとぉ、失くした、失くした、、
パニック!(千)

 
失くしたという意味の単語を
探す際に脳内で勝手に
失くしたらパニックなると
展開させちゃう
その豊かな脳が可愛いよ( ^ω^ )


where?(千)


Ohi station. (外)


大井フェイシェン?(千)


Ohi Keiba station.(外)


大井競馬フェイシャル!(千)


一般的に場所を訪ねて
大井、大井競馬という単語が
聞き取れたなら
その近辺か駅だと容易に判断できる上に
充分な情報であるにも関わらず
自分の専門分野(笑)の単語が
聞こえたからってわざわざ引きづる
その脳がやはり愛おしい(;´༎ຶД༎ຶ`)


そして会話は
4時に大井競馬場にこの携帯を
とりにきてほしい的な方向に進展
(この流れ分かっただけでもとりあえず褒めとく)


What is your work?(外)


あっあっ、ウェディングムービー!(千)


ん?何て聞こえたのかな( ^ω^ )?


ここでテロップが流れる。



<今日千賀は結婚するはんにゃ川島へのコメント撮りの仕事で呼ばれた>



そっか、職業じゃなくて今日の仕事で捉えたのか( ^ω^ )



はんにゃ川島ウェディングムービーイズムービング(千)



ここでスタジオがザワつく。


  • イライラしてきた(山P
  • でもちゃんと聞こうとしてる(シェリー
  • 人の良さは出てる(入江
  • 誠実なバカ(高橋



サバンナ高橋くん。握手しよう。



はんにゃ川島's ウェディングムービーの仕事があるから4時に大井競馬場には行けないって言いたかったんだよね。千ちゃん。
 


スタジオ呆れ気味ww



そんな説明いらんから
その場を回避する策を述べよ
それが
生きる力だ(高橋



まぁそうだけどねサバンナ高橋くん。


でも私は知りたかった。


その後どうするつもりだったのか。



もしかしたら
はんにゃ川島'sウェディングムービーとってるから、5時まで待ってて
だったかもしれないし
はんにゃ川島'sウェディングムービーとってるから、スタジオまで届けて
だったかもしれないし
はんにゃ川島'sウェディングムービーなんてどうでも良いから4時に行くよ
だったかもしれないじゃない。


そんな私の期待とは裏腹に
通話時間12分でほぼ強制終了だった。


分かってないなプロデューサー。


千賀くんの思考なんて
彼自身に完結させてもらわないと
ホントのことなんて分かんないのに!


千賀くんをその辺のバカと一緒にしやがって(怒)


千賀くんは
愛すべき天然記念ロイヤルおバカなんだぞ!(怒)



まぁ人の良さとおバカさが国民にまた一歩浸透したなら今回は良しとしよう、、。


(クレームおわり)



その後山Pたちのいるスタジオにきた千ちゃん。


アホ面可愛い( ^ω^ )


あーそういうことねー


って全然分かってないでしょ
(スタジオ茶の間総ツッコミ


はい、分かってないです。


隣にいる山Pに、

ホントに山P?

と尋ねる始末。


LA行ったことあるし
英語いけるキャラなんだけどなー
なんて言ってイジられてたね(笑)


いやーやっぱ持ってるわこの子。


バラエティでは必ず
予想と期待のナナメ上をいく千賀くん。


彼はドッキリ仕掛けるのに
撮れ高リスクの大きい素材です。


だから、諦めないで。(笑)


勇気あるプロデューサー各位。


また千賀くんへのドッキリ、
お待ちしてます。


自担とは〜私とケントのキセキ


 
ブログ移行に伴い
個人的備忘録用過去記事upしときますvol.2


自担とは〜私とケントのキセキ



ジャニヲタとして生きると
決めた私がブチ当たった
最初の壁は
誰の担当になるか
ということである。

担当というのは
女性アイドルでいう
「推しメン」
と同意で、
このグループが好き、
その中で誰が好き?
というお決まりの会話の
お決まりの質問の答えに当たる。

キスマイを好きになって
間もない私は
パフォーマンスやバラエティで見せる
7人の掛け合いや一体感と
それぞれのお茶目なところが
大好きだったので、
本当に心から全員が好きだった。

顔の好みだけで言おうとしても
実は最初から特に
この人かっこいい!
と思ったことはなかった。
好きになってから
誰のどんな表情も
かっこよくてかわいいと
思うようになった。

ファンクラブに入会するときも
誰か一人の名前を記入しなければならず
散々迷った挙句、
最年長リーダーの北山宏光くんの
名前を書いた。
(というのは後付けで一番大きい理由は
漢字を確実に書く自信が唯一あった)


だがしかし、
必ずキスマイのだれが好き?
と聞かれる質問の答えと
ツアーに参加する際
誰の応援うちわで入るか
という決断を
考えざるを得ないのだ。
別に1人に絞らなければならない
という決まりはないのだが、
1人に絞ったほうが活動しやすい
とは今更思っている。
ただジャニーズJr.や、
グループごとに担当がいる、
同じグループ内でも2人好き、
などという人も大勢いる。

そしてその頃から
情報源をジャニヲタたちの
Twitterにしていたので
自分もジャニーズについて呟く専用の
アカウントを持ちたいと思っており、
その際にも他のジャニヲタ同様
誰の担当かはアイコンなどで
示すものであると考えていた。


既にファンの多い
北山くん、藤ヶ谷くん、玉森くんの
担当にはならないだろうとは
思っていた。
ツアーDVDを見ていても
彼らの名前のうちわが多い。
なるべく担当に縛られたく
なかった私は
ツアーのときに
うちわを持って応援したい人
というイメージで
担当を決めたいと思っていたので
ツアーDVDを見ながら毎日悩んだ。
 
今思えば消去法だった
気もしてくる。
応援したい人、ということで
応援しなくても大丈夫そうな人は
担当しなくても良い思った。
そこで私の候補から
二階堂くんと宮田くんは旅立った。
ツアーDVDやTwitterを見ていて
二階堂くんにはJr.時代から、
熱狂的なファンが
多い気がした。
そして宮田くんは
オタクキャラ、いじられキャラ
というジャニヲタならず
一般的にも受け入れられそうな
最強の愛されキャラを持っている
からこれから
絶対ブレイクすると思った。

 
というわけで勝手に
横尾くんと千賀くんとで悩んだ。
何かと危なっかしい横尾くんは
ポンコツキャラで
「カワイイーーー!」
という場面が多い。
放っておけない存在だ。

しかし当時、
同時期にキスマイファンになった
友達が、
藤ヶ谷くんかっこいいけど、
横尾さんヤバイ♡
と連呼していたのだ。
(現在は藤ヶ谷くん♡しか言わない)

被りはなんとなく
マズイ気がして
私の愛の矛先は最終的に
千賀くんに向いたのかもしれない。

その頃の私の中の彼は
才能はピカイチなのに
光が当たらない
というイメージだった。
ネットなどでそのダンスセンスが
褒められているように
確かにツアーDVDで垣間見える
彼の歌とダンスのスキルは
キラリと光っている。
ように見えた。 

そんな矢先に
 あの
Kis-My-Me-Mine
に出会ったのだ。

千賀くんソロパート

このまま流されるのも
悪くないけど


に、完全に流され
私は千賀担になった。
そして千賀担を公言すればするほど
千賀くんへの愛が溢れ
止まらなくなったのだ。




ハタチを過ぎてからジャニヲタになったワタシ〜私とキスマイのキセキ



そういえば
ブログ移行してたので
気が向いたときに
前の記事で残しておきたいやつ
リライトしてこっち載せます
(個人的備忘録用)


以下2014年8月14人日のブログ




2011年8月10日。
3年前の昨日、
とあるジャニーズグループが
CDデビューを果たした、らしい。


当時、私は恐らく
このことをテレビのニュースで知り、
最近のジャニーズグループは
グループ名がまず読めないし
やたら幼いコもデビューしてるし
もうわけ分かんないなぁ。
とむしろジャニーズに対し
嫌悪感を抱いていた。


2014年8月10日。
あれから3年経ったいま
「キスマイデビュー3周年おめでとう!」
なんて呟いている自分がいる。


挙句の果てには
休日丸一日を使い
デビュー決定の瞬間を収録した
コンサートDVDから、
最新のものまでを順番に見、
感慨に浸る始末である。


私は何故、
Kis-My-Ft2という
ジャニーズグループに惚れ込み、
「ジャニヲタ」の扉を
開けてしまったのだろう。


20年間ジャニーズとは無縁で
生きてきた私でも、
今こうしてジャニーズ無しでは
生きていけない立派なジャニヲタに
なっている私が思うのは、


ジャニヲタは
なりたいと思ってなるものでもないが、
誰にでも
ジャニヲタの扉はあって、
それがいつ何時開かれるのかは
神のみぞ知る運命であるということだ。



私のジャニヲタの扉を
ノックしたのはテレビ番組だ。
である。
あれは2012年の冬。

当時アルバイトで金を稼ぐことが
生きがいだった大学生の私と彼らは出会ってしまった。

バイトを終え時間も深夜にさしかかり、
ふと家でテレビをつけてみていた。
普段見ている番組ではなかったが、
SMAPのコンサートのような映像が
流れている。

この企画こそ
「キスマイ美ダンス選手権」
である。
キスマイの藤ヶ谷くんと北山くんが、
SMAPのコンサートでバックダンサーとしてダンスをし、
その様子をプロダンサーが減点法式で採点する、というものだ。


ジャニーズといえば、
勝手に
歌<<<<<<<ダンス
のイメージだったので
やっぱジャニーズはダンスだなぁ。
という感じで、
完璧な藤ヶ谷くんと、
あぶなっかしい北山くん。
ただの視聴者として
ドキドキしながら
楽しんでいた。


でも、
中居くんがソロで踊るときに
二人だけがバックについて踊る所は、
素人目でも絶対難しいダンスなのに
キレッキレで成功させた。


最終的に、
藤ヶ谷くんが減点なしの100点美ダンス。
北山くんは数カ所減点があり
普通ダンス?だったかな?


ダンスのことなんて
さっぱり分からないのに
見終わった私は
藤ヶ谷くんと北山くんダンス上手いな!
と勝手に称賛していた。
 

さらに若いのに
(彼らの年齢は当時知らなかった)
大御所の先輩のバックを
練習時間もほぼない中の
無茶ブリ状態でやってのけるなんて、
しかも藤ヶ谷くんなんて完璧よ!?
と勝手に感動していた。 


そして勝手に
キスマイってグループは
次世代のSMAPだ!嵐にも勝てるぞ!
なんて思っていたのだ。


同時に心のどこかで
ジャニーズなのに、
ジャニーズなんかに、
なんでこんなにワクワクしてるんだ。
と思ったのも事実。
 

しかし時既に遅し
すぐさま仲のいい友人同士の
グループLINEに
キスマイの藤ヶ谷くんカッコいい!
とメッセージし、
ネットでキスマイを検索していた。
 

元からミーハーな私は
流行りそうなモノを
好きになるのが好きだった。
って流行りそうなモノって大抵すでに
流行ってるやつなんだけどね。


だから最初はキスマイも
流行りそうなグループ
としてファンになろうと
していたのだと思う。


そこから
メンバーを覚え、
出演番組チェック、
などなど、
私のジャニーズ道が始まったのである。


Kis-My-Ft2というグループに
興味を持ち出した私は
恐らく自分はこれから
「ジャニヲタ」になるんだろうな
と意識していた。


周囲にジャニヲタな友達は少なく、
というかジャニヲタをあまり
軽蔑したり意識したり
していなかったせいか、
私は独学でジャニヲタにならなければ
ならなかった(笑)


とりあえずwikipedia
メンバーとその歴史を学ぶ。
7人いて最近デビューしたのに
実はメンバー全員ハタチをこえてる。
うーん、悪くないバックグラウンド。


そしてキスマイが気になると
話していた友人からLINEがくる。
「キスマイの番組がすっごく面白い」

そう、それがかの有名な
である。

彼女もふいに
レギュラー化される前のキスブサを
見てキスマイが好きになったようだ。

私も動画見てみる!
といって早速チェックする。

カッコいいシャワーの浴び方
カッコいい筋トレ
カッコいいカラオケキス

たしか当時はそのへんのネタだった。

最初の感想は
別にカッコよくないwww
けどなんか可愛いwww

ここではじめて
「可愛い」
という感情が現れた。

ジャニーズ=カッコイイ

という私の中の一般的なイメージは
崩れた。
もう終わりだ。はい。ジャニヲタデビュー。

キスブサを見たノリで
濱キスもみてみる。
こっちのほうが気に入った。

ジャニーズなのにやたら
身体をはって
潜水とか飛び込みとかしてる。

感想はやはり
別にカッコよくないwww
けどなんか可愛いwww

面白い!この子達面白い!
ジャニーズなのにバラエティで
こんなに面白いことしてる!ヤバイ!

そう思っている自分がヤバイ
ということに気づかない私はまた
ネットでキスマイを学ぶ。


下積み時代が長く、
彗星のごとくデビューした
というわけではない
彼らの泥臭いバックグラウンドは
とても人間味があって素敵だと思った。


応援したい。


心からそう思ったし、


絶対に国民的アイドルになる。


何故か確信した。



その後キスブサにハマった友達が
キスマイのCDを借りたという。

今レンタルできるアルバム二枚と
最近出た新曲一枚借りたら
だいたいコンプリートできるよ

わりとお手頃な話だと思ったので
私もすぐさま借りにいった。


正直ジャニーズの歌は
好きではなかった。
歌声が好きではなかったのだと思う。
なのでCDを借りて
ウォークマンに入れるなんて
昔の自分にはなかった価値観である。

けれどキスマイの歌は
意外とずっと聞ける。
ここは誰が歌っているんだ?
歌割りもネットで調べて
ほぼ北山くんと藤ヶ谷くんの
歌声だということを知る。


歌詞が良いとかそういうわけでもなく
曲の雰囲気と藤北の声が
キスマイワールドを奏でてる。
爽やかで明るい若々しい歌声が
好きだ。


そこからキスマイの中で
歌が上手いのは藤北で云々
という情報も入手し始める。
ダンスが上手いのは?
という項目では
必ず上位に
名前が上がっていた人物がいた。


千賀健永


これが私にとっての「自担」
出会いだったのかもしれない。


手に入れたCDを聞きながら
一曲ずつそれぞれ
いつリリースされた何の曲で
何のタイアップか分かるように
なった頃、次はDVDを揃えようと
思うようになった。


当時は初回盤にこだわりは
なかったので、
同じ収録内容ならばと
通常盤も含め安く
ツアーDVDを一通り揃えた。

1番最初にみたのは
デビュー前の
Kis-My-Ftに会えるでshow
だった気がする。

みてみると
やっぱり藤北の人気がすごいようだ。
そして藤北の歌とパフォーマンスが
グループを牽引している。

そんな中、ネットで見た
ダンスが上手いと噂の千賀くんは
どうだろう、
うーん確かに上手いのか、
あんまり、映らないぞ。

しかしその瞬間はきた。
Kis-My-Me-Mine
というノリの良い歌がある。


もちろん藤北がメインで歌っているが、
聞き覚えのない声がする。

「このまま流されるのも悪くないけど♪」

なんだこのビブラートボイスは!

画面にはキラキラしながら
丁寧に自分のパートを歌う
千賀くんがいるのである。

ここは自分のパートで、
いまは自分がド真ん中で
歌ってるんだぞー!

と会場の雰囲気も楽しんでいる感じ。

この隠れた才能保持者、、。
とーーーーっても素敵。


そして玉森くんと一緒にやる
彼のソロ曲EXITのパフォーマンスは
圧巻である。

ダンスの上手い下手は
分からないけど

踊ること

を明らかに楽しんでいる彼は
非常に魅力的だった。



このまま放っておいたら
私がKis-My-Ft2をいかに好きか
いかにジャニーズを勉強しているか
というブログになってしまうので


その前にタイトルにあったことを
書こうと思う。


ハタチを過ぎてから
ジャニヲタになるというのは

ズバリ非常に楽しい。

ジャニヲタといえば
ネットなどで叩かれる
非常識なファンのイメージが
強いかもしれないが
それはごく少数のヲタである。
ジャニヲタの大半は
表立って軽蔑される
ジャニヲタなんかよりずっと
非常識で気持ち悪いのだ。


自分でも
気持ち悪いのは重々承知で
でもそれでもやめられない
ジャニーズへの感情の抱き方と
楽しみ方がある。


ハタチを過ぎてからの
ジャニヲタは、
粗方の感情を経験してきた
二十数年の人生の中でもまだ
抱いたことのない
とある男性の言動全てを
「可愛い」と思い愛する気持ちを持ち、
経験したことのない
「気持ち悪い」言動をとることに
なるのだから。


そこがまた新たな自分な気がして、
自身の中で築かれた
常識を破っている気がして、
楽しいのである。
やみつきである。



好きなジャニーズに関して、
出演番組を漏らさずチェックし、
必ず録画し、
一時停止とスローを駆使しながら
何度も再生し、
気に入ったシーンでテレビに
カメラを向け永久保存するこの
「気持ち悪い」行為が
なぜこんなにも楽しいのだろう。


CD、DVD、雑誌も全て
あわよくば発売日前日に
必ず手に入れようとしてしまう。
ツアーやイベントが発表されれば
とにかく全公演に足を運び
参加したくなり
かけれるお金と可能性には
全て賭てしまう。
特に必要のないものなのに
CMをやっているから
買えばファイルやカードが
ついてくるから
と、同じものを何個も買ってしまう。
この「気持ち悪い」貢ぎ行為が
なぜこんなにも楽しいのだろう。


ヲタになると
ヲタク文化のある日本経済は
ヲタクによって潤い、
回っているのではないか
と実感できる。


比較的自由にお金と時間の
融通を効かせられるようになる
ハタチ過ぎだからこそ
自分の殻を破り
ヲタになっていく快感と
少なからず日本経済に貢献している
という自負心を
楽しむことができ、
やめられなくなるのではないだろうか。

 
そしてジャニーズは
ストレス社会で戦う
ハタチ過ぎの女に
癒しをくれる。


ジャニーズと我々の間には

職場のような人間関係もない
たまに面倒になる友人関係もない
もちろん恋愛関係もない。

そして
兄弟でも親子でも家族でもない。

それなのに
いつも自分の近くで、
心の支えとなるのだ。

どんなに貢いでも
コンサートやイベントで
直接目にしても
特に自分に見返りはない。

でも彼らは
テレビで、雑誌で、ステージ上で
我々に好きなだけ愛させてくれる。

彼らの言動全てを
我々は勝手に鑑賞し、
勝手に想像し、
勝手に解釈できるのだ。
時には批判もできる。

つまりどんな愛するかたちも
受け入れてくれる。

「気持ち悪い」方法で
追いかけても彼らは嫌がらない。

どこをどう切り取って愛しても
正解なのだ。



しかし
我々は叶わない恋をしている
ような感覚には陥らない。
と私は思う。
あくまで彼らは「アイドル」。
プライベートはメディアという
フィルター越しで覗き見る
という方法しかないのだから、
住む世界が違う
ということは分かっている。


彼らは「アイドル」だからこそ
一方通行な想いを発し続けながらも
自分の好きなように
見返りとして受けることができる。
非常に楽な関係を築けるのだ。

その笑顔が不特定多数にそして
向けられているものだと
分かっているから楽なのである。


家に帰れば
写真の中のアイドルが
自分に「お疲れ様」と微笑んでいて
テレビを見れば
歌って踊るアイドルが
「ライブにくるために頑張って」
と言っている毎日だから
ジャニーズは日々の癒しであり
人生のモチベーションになり得るのだ。
 


ハタチを過ぎても、
いくつになっても、
ジャニヲタになるのに
遅いということはない。